ガールズバー.net

ガールズバー

埼玉/草加・越谷・春日部・八潮版

ガールズバー.netはガールズバー系の求人/アルバイト等を紹介するサイトです。

NEW:新着求人あります。(12_10_6)

内容は追々充実させて行きます。

 

間違えだらけのガールズバー理解!

 あなたはガールズバーを誤解していませんか?

 ガールズバーは対面接客だから風俗営業の許可なく出来るという説明をよく聞きます。

 しかし、接待行為があれば、ガールズバーでも風俗営業の許可が必要です!

 では接待行為とはなんでしょうか?

 

接待行為とは

1)...特定少数のお客様の近くにはべり、継続して、談笑の相手となったり、酒等の飲食物を提供したりする行為です。

2)...また、特定少数のお客様の近くにはべり、そのお客様に対し歌うことを勧奨し、もしくはそのお客様の歌に手拍子をとり、拍手をし、もしくは、ほめはやす行為、お客様と一緒に歌う行為も、接待に当たります。

3)...お酌や水割りを作っても、速やかにその場を立ち去るなら、接待に当たりませんが、速やかにその場を立ち去さらなければ、接待に当たります。

 つまり、上記に該当するなら、名称がガールズバーだろうが、スナックだろうが、キャバクラだろうが、風俗営業の許可が必要なのです。

 逆にいえば、上記行為があるなら、名称がガールズバーだろうが、スナックだろうが、キャバクラだろうが、実体は同じという事です。

 

ガールズバーとキャバクラの違い

 ガールズバーとキャバクラに違いはありません!

 もし、あるとしたら、席のつき方が違う。程度です!

 キャバクラは通常お客さんの横に座って接待します。

 ガールズバーはカウンター越しで接待します。

 しかし名前がガールズバーというだけで、カウンター越しでなくお客さんの横について接待するお店もあります。

 実際風俗営業の許可を受けていれば、ガールズバーという名前であろうと、お客さんの横に座って接待しても違法ではありません。

 そういうわけで、ガールズバーとキャバクラに違いはないという事です!

 

ガールズバーって何?

 従業員が女の子メインのお店の事です。

 その中で接待行為も含むなら風俗営業の許可がいるガールズバーです。

 接待行為がないなら、風俗営業の許可が要らないガールズバーです。

 ほとんどのガールズバーと名乗るお店は、店内にカウンターがあって、対面接客をします。

 しかし、店内にカウンターがなくて、横について接客しても、ガールズバーと名乗るお店もあります。

 なので、ガールズバーとは風俗営業の許可がいるとかいないとかも、カウンターがあるとか無いとかも関係なく、単に従業員が女の子メインのお店です。という事になるのです。

 

あなたがガールズバーに求めるものとは?

 重要なのはこの部分です。

 実体としてキャバクラもガールズバーも同じなら、あえて、ガールズバーにあなたは何を期待し、求めるのか?

 それが、ガールズバーの存在意義です。

 実体がどうであろうが、あなたが「ガールズバーというからにはカウンターがなければ」というのであれば、それがガールズバーです。

 また、「カウンター越しの対面接客でなければ」というのであれば、それがガールズバーです。

「女の子が会話相手になってくれなければ」というのであれば、それは風俗営業の許可を得たガールズバーです。

「女の子がいればいいだけで、特に会話相手になる必要はない」というのであれば、それは風俗営業の許可が必要ないガールズバーです。

 つまり、あなたの求めるイメージ次第。

 それがガールズバーとも言えます。

 

ガールズバーを柔軟に理解しよう!

 とはいえ、あなたが行くガールズバーが、あなたの求めるイメージ通りかどうかは、また違います。

「ガールズバーだから、キャバクラより安く飲める!」

 とは限りませんし、

「ガールズバーだからキャバクラのように成績を気にせず働ける!」

 とも限りません。

 しかし、それでも、それもガールズバーなのです!

 ガールズバーだから「こうだ」と思い込まず、柔軟に理解して下さい。

 その上で、あなたの中のガールズバーという定義を再構築しましょう!

 


ガールズバー.netをつぶやく

 

(c)ガールズバー.net